薄毛にあった対策をする

髪の毛

お勧めの薄毛の治し方

薄毛のレベルによって最適な対策法があります。まだ抜け毛が増え始めた段階で薄毛が目立つ前であれば、育毛剤やサプリメント、生活習慣の改善などで何とかなります。薄毛が酷くなってくるとクリニックに行くしかなくなるので、早いうちに抜け毛を減らす正しい対策をすることが大切です。おでこが広くなったり、頭頂部の薄毛が目立ったりしている場合は、発毛クリニックで診てもらい、医師の指導のもとで薄毛治療をするのがお勧めです。自己判断であれこれ育毛剤に手を出したりすると、ますます抜け毛が増えるリスクがあるためです。発毛クリニックなら薄毛の専門医が診てくれて、毛髪を採取して詳しい検査をしてくれます。そして検査結果をもとに、患者に一番有効な薄毛の薬を処方してくれます。長く薄毛治療をしてもあまり効果がない場合、最終手段として選択肢に入ってくるのが「自毛植毛」です。自毛植毛は、頑張って対策や治療をしても期待した通りの効果がない場合にお勧めの薄毛治療です。手術によって薄毛を治すのが自毛植毛で、頭皮から採取した毛包細胞を移植して増やしていきます。日本皮膚科学会も推進しているほど効果が高く、有効な薄毛治療です。自毛植毛には毛包を一つごと移植するFUT法や、メスを使わないで採取するFUE法などがあります。費用が安く成功率が高いのがFUT法です。広範囲にわたる薄毛の改善に向いています。FUE法は頭皮にメスを入れないので傷跡を最小限にとどめたい人にお勧めです。