染めた方が楽

メンズ

先のことを考える

遺伝性やストレスなどで若白髪になってしまった場合、これはすぐに染めることをおすすめします。数本だからといって抜いてしまうのは良くありません。というのも、抜くと毛根を傷めてしまうからです。かえって頭皮の状態を悪くさせてしまいます。若白髪がどんどん増えてきてしまった場合、これは一本一本抜くわけにもいきません。染めることが手っ取り早い方法と言えるでしょう。若白髪を染める方法は大きく分けて二つあります。一つは美容院、もう一つは市販品を使って自宅で染める方法です。年齢が若いからこそ、美容院で染めてもらうことに抵抗のある人もいるでしょう。市販品には白髪染めの商品がたくさんあります。ドラッグストアやスーパーなど、近所のお店で手軽に購入できるところも便利です。夫や妻、父親や母親などにお願いして自宅で染めてもらいましょう。もちろん、染めるのはイヤだ、自然な状態がいいという人もいます。特に日常生活を送る上で問題がないのなら、若白髪を自然なままで放置することも可能です。ところが、現代ではあまり良い印象を持たれることがありません。例えば、就職や転職活動をする時、若白髪がネックになってしまうこともあるのです。見た目の印象はとても大事なので、染めないよりも染めた方がいいでしょう。数本程度なら目立たないので、3ヵ月に一度くらいの間隔でヘアカットをする間隔で一緒に染めてもらうようにしましょう。先のことを考えると、見た目の印象を保つことはとても大切です。